パチンコ負け組養分からの卒業!

パチンコは満18歳になってから!

最適なスロット機種選択:2024年4月現在、最高に出玉を期待できる台

 

6号機の時代に一時的に減少した出玉性能ですが、スマスロや6.5号機が市場に導入されたことで、大きな出玉を期待できる機種が増加しました。

では、どのスロット台が最も推奨されるのか?

スマスロ、6.5号機、または6号機でさえも出玉を期待できるのか?

本稿では、現在出玉を期待できる台(機種)や推奨されるスロット機種について、ボーナスの確率や機械割等を考慮しつつ紹介していきます。

推奨機種の評価やレビュー、AT、ARTなど、タイプ別に分けた推奨スロットに興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

※パチンコは満18歳になってから!

スマスロでの成功は可能か?

スマスロがホールに導入されてから、さまざまなスマスロ機種が設置されており、実際にスマスロでは勝利が見込める機種だと言えます。

ホールに設置されているスマスロの中には、特に高い機械割を誇る機種が多く、これにより収支にも良い影響が期待できます。

スマスロ機種の中で特に注目すべき点は、有利区間の緩和によって得られる出玉性能の向上です。

多くのスマスロ機種が、有利区間を終えた後の引き戻し性能が優れており、大量の出玉を期待できるでしょう。

 

スマスロの推奨される人気機種

スマスロで推奨される人気の機種としては、「Lモンキーターン5」「Lからくりサーカス」があります。

これらのスマスロ特有の高い出玉性能が人気の秘密で、多くの大量出玉報告が寄せられています。

 

さらに新機種「L忍魂3」「Lキングパルサー」も推奨されます。

これらの大人気機種がスマスロで新たなゲーム性と共に登場し、以前の作品を愛していた方や初めての方でも楽しめるスロットであると言えます。

 

6.5号機としてリリースされた

・カバネリ

・エウレカセブンTYPE-ART

・コードギアス3C.C.&Kallen Ver.

もおすすめの一つ。

有利区間が最大4,000Gまで延長され、更に差枚数で2,400枚を獲得できるようになりましたので、大量出玉が期待できます。

 

「モンキーターン5」推薦の根拠

・シリーズの魅力を継承したゲーム性

スマスロ版「モンキーターン5」は、そのシリーズ特有の魅力的なゲーム性を引き継ぎつつ、進化を遂げています。

長年にわたるモンキーターンシリーズのファンであれ、これが初めての体験である人でも、同等に楽しむことができます。

 

・革新的な上位ATの導入

「モンキーターン5」には、さらに進化した上位ATが搭載されています。

この青島SGと呼ばれる上位ATは、従来のATと比較しても純増ポイントが上昇し、高い継続率を誇るため、ここに突入すれば、顕著な出玉の増加が見込めます。

 

「からくりサーカス」のお勧めポイント

・AT機能による純増の幅

スマスロ「からくりサーカス」は、AT機能を活用した純増約2.8枚または約7.6枚を誇ります。

レア役での上乗せ機能を駆使して差枚数を増やし、ATを3回以上継続させることで上位ATへの当選を狙います。

この上位ATでは純増が約7.6枚に跳ね上がるだけでなく、上乗せ機能も強化され、大きな出玉を期待できるようになります。

 

・上位ATループの可能性

「からくりサーカス」における上位AT「超からくりサーカス」では、ループ機能による出玉の大量獲得に大いに期待が寄せられます。

上位AT終了後には「運命の一劇」と呼ばれるフェーズに突入し、ここで成功すれば再び上位ATへ。

この成功率は約50%と高く、一度上位ATに入れば、連続して大量出玉に繋がる可能性が高まります。

 

「ゴジラvsエヴァンゲリオン」の注目ポイント

・ボーナスからATへの連鎖ゲーム性

「ゴジラvsエヴァンゲリオン」スマスロでは、ボーナスを経由してATへと進むゲーム展開が特徴です。

通常時にCZからボーナスを目指し、そのボーナス期間中に特定の条件を満たすことでATへの入賞が決まるため、ボーナスからATへの突入が勝利への重要な鍵を握ります。

 

・高継続率の上位AT

この機種は上位ATを装備しており、特に「決戦キングギドラ」に勝利することでその上位ATに進入します。

上位ATでは、ATがループタイプに変わり、継続期待度が77%に達することから、大きな出玉増加のチャンスがあります。

 

「甲鉄城のカバネリ」の推薦理由

・ST特性を取り入れた6.5号機

「甲鉄城のカバネリ」は、パチンコのST機特有の特徴を活かした6.5号機のAT機種です。

ST期間中はボーナスの当選確率が高まり、STとボーナスのループによって出玉を増やす可能性があります。

上位STでは、約3,500枚の出玉が期待できる一方で、その高い一撃性が魅力的です。

 

・多様なATとSTで変化するゲーム性

「甲鉄城のカバネリ」では、ゲーム状況に応じてATとSTの性能が変わることが特徴です。

通常時から入るATは、純増2.8枚のゲーム数管理型か純増6.0枚の差枚数管理型から選ばれ、それぞれ異なるゲーム性を楽しむことができます。

また、ST中に突入するエピソードボーナスなどで入るCZ「無名回想」では、純増0.3枚を実現し、上位STに至っては継続率が最大約95%まで上昇します。

これらの要素が組み合わさることで、他にはないユニークなゲーム体験が可能です。

 

「エウレカセブンTYPE-ART」の魅力と特徴

・前作からの進化を遂げた継承機

「エウレカセブンTYPE-ART」は、名高い初代エウレカセブンの流れを汲む継承機として登場しました。

初代の特色を保ちつつ、新しいゲーム要素を加えることで、初代を経験した人はもちろん、新たにこのシリーズに触れる人も十分に楽しむことができます。

 

・純増1.0枚のARTとセットストック管理を採用

この機種は純増約1.0枚のARTを備えたA+ART機であり、ARTはセットストック方式で管理されます。

特化ゾーンでのARTストックが可能で、これを利用してのボーナスとの連携により、大量出玉の獲得を目指せます。

 

「コードギアス3C.C.&Kallen」の推薦ポイント

・ボーナスからのAT突入と無限ATの可能性

「コードギアス3C.C.&Kallen」は、どのボーナスの後も必ずATに突入するA+ATタイプの機種です。

ビッグボーナス後は150G、レギュラーボーナス後は50G+αのATとなり、特定の条件下では次回ボーナス到達までATが継続する無限ATの機会を提供します。

純増は約0.1枚と控えめですが、ボーナスの当選が比較的軽いため、AT中のボーナスループを通じて出玉を増やすことが可能です。

 

・低設定でも高い機械割を誇る

「コードギアス3C.C.&Kallen」は、低設定でも機械割が100%を超えるため、大きな損失を抑えやすく、安心して長時間楽しむことが可能です。

特に、設定6では機械割が約113%にもなり、高設定時のボーナスの軽さが安定した勝利に繋がりやすいです。

 

Aタイプ/A+RTタイプの選び方

Aタイプ及びA+RTタイプスロットで推奨するのは、機械割113%を超える機種や、機械割が若干劣るものの高設定での勝率が上昇する機種です。

これらはホールにおける導入率が高めのため、選定の際に優先的に考慮されます。

波の荒い機種もリストアップされていますが、長期的な視点で見ると収益性が見込めるため、高設定の存在が予想される場合は、積極的に攻めることをおすすめします。

 

A+ATタイプ/A+ARTタイプの選択肢

A+AT及びA+ARTタイプでは、「Lひぐらしのなく頃に」や「コードギアス3C.C.&Kallen Ver.」が推奨されています。

これらの機種は、A+ARTやA+ATタイプながらも高機械割を誇り、設定が入る日には積極的に狙うべきでしょう。

 

現在勝てるスロット台(機種)の特定方法

公開されるホールデータの活用

勝利を収めることが可能なスロット台(機種)は、各ホールから公開されているデータをもとに推測することができます。

日々の出玉ランキングで上位に位置する機種や、成績が右肩上がりのグラフを描く台は、高設定の可能性が高いため、それぞれの店舗の傾向を見極めて、勝てる台にアプローチすることが重要です。

 

ホールが注力する機種の設定状況

スロットでの勝利を目指す際、特定のホールが重点を置いている機種の設定状況は非常に重要な指標となります。

全てのホールが同一の方針を持つわけではないものの、一般的に力を入れている機種は、設定が良好である可能性が高いと言えるでしょう。

 

例として、「マイジャグラーⅤ」の場合、設定6を多用しているホールと設定1を主に使用しているホールとでは、明らかに前者の方が勝利の可能性が高くなります。

高設定の台に着席することができなければ意味がない、という意見もありますが、設定が良いホールでは高設定に座るチャンスも自ずと増えるため、勝利への可能性は高まります。

ただし、これはあくまで可能性の話であり、必ずしも勝利を保証するものではありません。

 

設定6が高い人気機種の選定

機械割が高い機種は、勝率や期待値を高めるため、特に設定6の機械割が110%を超える機種は、勝利しやすいとされます。

しかし、高い機械割の機種であっても、低設定時の機械割は低めに設定されており、長期的に見ると負けが込む設計になっています。

そのため、高設定を見極めて狙う戦略が求められます。

また、一般にホール側の負担が増えるため、「プレイヤーが勝ちやすい=ホールが負けやすい」という状況が生まれ、高機械割の機種ほど高設定の投入が渋る傾向にあることも頭に置いておく必要があります。

 

低設定でも機械割が良い機種の魅力

技術介入により、設定1であっても機械割100%を超えさせることが可能なスロット機種が存在します。

これらの機種は、技術介入が可能なプレイヤーにとっては、低設定であっても勝ちやすいという大きなメリットがあります。

しかし、このような機種はホール側もその特性を理解しています。

そのため、実際には打ち手に有利にはなりにくく、高設定の配分に影響を及ぼす可能性があるという点も考慮する必要があります。

 

6号機/6.5号機で勝利を目指す方法

・6.5号機で勝利は可能か?

6号機に比べて一撃の出玉性能が向上しつつも、それに伴うリスクも増加している6.5号機。

しかし、勝利は十分可能です。

6.5号機では、出玉性能の向上が見られるものの、機械割が大幅に向上しているわけではありません。

それでも、機械割が110%を超える機種が存在し、高設定を見極めることができれば、勝利を掴むチャンスは広がります。

 

・6号機でも勝利は目指せるか?

スマスロや6.5号機の登場により、出玉性能で劣る印象の6号機ですが、勝利の可能性は充分にあります。

6号機は、大きな一撃を期待するのは難しいものの、機械割110%を超える機種も存在します。

適切な機種選択と設定見極めによって、勝利を手にすることは可能です。

 

勝てるスロット台選びの要点

おすすめのスロット台の選定基準を最後にもう一度まとめます。

 

・設定状況が良好な機種

スロットの勝利には設定が大きく影響します。

設定が良好な機種ほど勝利への確率は高まります。

そのため、ホールが注力している機種や、高設定が期待できる機種を狙うことが重要です。

 

・高設定の勝率が高い機種

機械割が高い、または特定の設定での勝率が顕著に高い機種は、勝利を目指す上で有利です。

これらの機種を選ぶことで、勝利への道がより開けます。

 

・低設定でも勝ちやすい機種

全てのプレイヤーが高設定台に座ることは不可能です。

そのため低設定でも勝ちやすい、いわゆる「甘い」機種を把握し、これらの機種を積極的に狙うことも一つの戦略となります。

しかし、低設定でも勝ちやすいというのは相対的なもので、必ず勝てるわけではないことを理解しておく必要があります。

勝利を目指すスロットプレイヤーにとって、これらの要点を踏まえた機種選択が、勝利への大きな一歩となります。